ウェストマンナ諸島

ウェストマンナ諸島 Vestmanna Islands

アイスランド南部に浮かぶウェストマンナ諸島。1973年の大噴火の跡が今なお残り北のポンペイとして知られる最大で唯一の有人島、ヘイマエイや11の島とその他の岩礁によって形成されている。約10〜20万年前の火山活動によって形成されたと推定される。また1963年の海底火山の噴火により形成されたスルツエイも含まれる。2010年7月には本島と25分で結ぶ新しいフェリー航路も就航! 小さい島とはいっても見どころたくさん。港にはパフィンをあしらった方向表示も設置されている。 ウエストマンナ諸島の名前の由来は…。ヴァイキングが移住してまだ間もないころ、ケルト(アイルランド・ウェストマン)人の奴隷がヴァイキングを殺害しこの島に逃げ込んだことに由来している。また1627年にはトルコ人が襲来し、400人近いアイスランド人が連れ去られれたという。島で一番高いのが港対岸のHaukollur(ハゥウコットルル) 283m。頂上からは息をのむような絶壁からの景色を望むことができる。 ストゥルフブディ(Storhofdi)は島の南。灯台があるのですぐにわかる。周辺にはパフィンをはじめ無数の海鳥がいる。


より大きな地図で ウエストマンナ諸島 を表示

ウェストマンナエイヤル(Vestmannaeyar) Landeyjahofn(Hvorsvollur近く)Reykjavikから車で約2時間。天候などによりThorlakshofnへ変更される場合あり。
Vestmannaeyar発 Landeyjahofn発
5/15~9/14 8:30 - 11:30 - 14:30 - 17:30 - 20:30

10:00 - 13:00 - 16:00 - 19:00 - 21:30

火曜日

14:30運休
9/15~5/14 8:00 - 11:30 - 15:30 - 20:30 10:00 - 13:00 - 19:00 - 21:30
Landeyjahofnへ運行できない場合 8:00 - 15:30 11:45 - 19:15
Landeyjarhofn Thorlakshofn

大人 1,260 kr

子供 630 kr

大人 3,360 kr

子供 1,140 kr

自動車 2,030 kr ~ 自動車 3,360 kr ~
ウエストマンエイヤルフェリー(Eimskip) 481-2800

フェリー(Herjolfur)

ウェストマンナアイランドのヘイマエイ(Heimaey)と本島のランドエイヤフプン(Landeyjahofn)を30分で結んでいる。悪天候などで港がソゥルラゥクスフプン(Thorlakshofn)に変更になることもある。その場合は3時間ほど。

乗船手続きをターミナルで済ませてから乗船。乗船口で船員が乗船券を確認している。車の場合は運転手のみ車で乗船可能。船内には喫茶コーナーも設置されている。船首部から眺めるのもいい。天気がよければ外に出て、風と太陽を思う存分に浴びるのもいい。ビデオコーナーもある。

ランドエイヤフプン(Landeyjahofn)

ウェストマンナアイランドのヘイマエイ(Heimaey)と本島のランドエイヤフプン(Landeyjahofn)を30分で結んでいる。悪天候などで港がソゥルラゥクスフプン(Thorlakshofn)に変更になることもある。その場合は3時間ほど。

レイキャヴィークからバスが運行されている。ランドエイヤフプン52

ヘイマエイ(Heimaey)フェリーターミナル

ヘイマエイ空港(Vestmanna islands airport)

ウェストマンナアイランドのヘイマエイ(Heimaey)とレイキャヴィーク空港が空路で結ばれている。空港は島の中央部分にある。 所要時間は30分ほど。

見どころ Spots to see

ヘイマエイ(Heimaey)
ウエストマンナ諸島を観光するならこの島が中心。唯一の有人島。 2010年7月夏には対岸に新しい港が完成、25分で本島と結ばれる。もちろん、ほかの島に行けるというわけではない。1973年の噴火でできた部分や壊滅した部分を今なお見ることができる。人口5,000人程であるが、アイスランド屈指の漁場近くの港として重要な役割を果たしている。飛行機、フェリーで行くことができる。
2010年7月には本島と25分で結ぶ新しいフェリー航路も就航!


小さい島とはいっても見どころたくさん。港にはパフィンをあしらった方向表示も設置されている。

北のポンペイ(Pompei of the North)
西暦79年に一夜にして壊滅したイタリアのポンペイ。 1973年1月23日のヘイマエイでの噴火も同じようなものであった。幸いなことに人的被害はなかったが、多くの家屋が溶岩や火山灰の下に埋もれ壊滅した。避難活動の手際の良さは非常に素晴らしく、活用できる全ての船が利用された。噴火は5カ月つづき、全島民は本島への避難を余儀なくされた。ここではその当時の火山活動の凄まじさを今なお目にすることができる。

 

ポンプは噴火の際に溶岩を冷やすために使用された。北のポンペイとは別の場所に保管展示されている。

パフィンの営巣(Puffin colony)
南部のストゥルフブジ(Stothofdi)まで来ると無数の海鳥が営巣している。ヘイマエイには世界最大規模を誇るパフィンの営巣地がある。夏になると無数のパフィンが島の崖から飛び立ちひな鳥のために魚をくわえて戻ってくるところを見ることができる。ただし、風が強いの注意が必要!

ストゥルフブディ(Storhofdi)
島の南。灯台があるのですぐにわかる。周辺にはパフィンをはじめ無数の海鳥がいる。

港(Port)
アイスランド本島とを結ぶフェリーが発着している。港近くに1973年の噴火で被害をこうむった貯水タンクがある。1973年1月23日のヘイマエイでの噴火も同じようなものであった。幸いなことに人的被害はなかったが、多くの家屋が溶岩や火山灰の下に埋もれ壊滅した。コンクリート造りの頑丈な建造物でも倒壊した。

ヘルガフェッキ(Helgafell)
約6,000年前の噴火によって形成された火山。標高227m。はっきりとした円錐形をしているので島に到着すればすぐにわかる。島のほぼ中心部に位置している。

エルドフェッキ(Eldfell)
1973年の噴火によって形成された火山。 標高221m。ツアーによっては散策できる。今なお、静かに蒸気が湧きあがってきているので"火山が生きている"ことを感じることができる。噴火ではここを中心に島が3割程大きくなり、港もより安全になったと言われる。

スルツエイ(Surtsey)
1963年の海底噴火によってできた島。2008年に世界遺産に登録された。火山活動の記録とその後の動植物の植生を観測するため一般への公開はされておらず。上陸も許可されていない。

ツアー Tour

レイキャヴィークからウェストマンナ諸島を観光するバス、飛行機によるデイツアーが多数用意されている。
日本語での予約はwww.icelandream.comで。

ショッピング Shopping

お食事 Dining out

博物館 Museum

スカンシン(Skansinn)
ヘイマエイ島港入口にある。教会、貯水タンク(写真は上)などにより構成されている。写真は教会。西暦2000年にクリスチャン改宗1000年を記念してノルウェーから寄贈。板で囲われていることからStave charchと呼ばれる。この場所には古くから要塞があり、その役目を果たしてきたと言われる。

宿泊 Stay

その他 Other

Apr/2013


ホーム RSS購読 サイトマップ
基本情報 地域別 博物館 お食事 ショッピング Q_A じょうほう館 English 火山情報