南海岸

南海岸 South coast Iceland

なだらかな海岸線が続くアイスランド南海岸。レイキャヴィークからセルフォス(Selfoss)までには温泉地帯、クェラゲルジ(Hveragerdi)が、そのあとに続く平野にはセリヤランドスフォス(Seljalandsfoss)、スコゥガフォス、エイヤヒャトラ氷河(Eyjafjallajokull)、黒い海岸線レイニスフャラ(Reynisfjara)、ヴィーク(Vik)など見どころにあふれている。


より大きな地図で 南アイスランド を表示

見どころ Spots to see

クェラゲルジ(Hveragerdi)
レイキャヴィークからR1を南へ45分。レイキャヴィークからだと、溶岩台地を超えたところにある。街の外れにある高台からは南部の平野を一望できる。

インゴゥルフルスフャッキ(Ingolfsfjall)
R1とR35の交差点にある山。高さ551m。山のふもとに駐車スペースがある。そのふもとでシンクヴァトラヴァトンを水源とするソガアゥと氷河から流れてきたクヴィタアゥが合流している。色の違う2つの水がここから混ざり合いながら北大西洋に流れている。

セルフォス(Selfoss)
R1を南へ約50km。南部アイスランドの入口で商業、経済の中心として役割を果たしている。人口約6,500人(2010年1月)。街の中を川が流れていてるが橋によって結ばれている。街の中を蛇行しながら流れていく川沿いを散歩するのもいいものである。

ショゥルスアゥ(Thorsa) ウリザフォス(Urridafoss)
セルフォスからR1を南へ10分。毎秒370立方mとアイスランドでも屈指の水量を誇る。ショゥルスアゥは全長230kmのアイスランド最長の川。アイスランド中央部にあるホフス氷河などを水源としている

セルヤランドスフォス(Seljalandsfoss)
スコゥガルからR1を西に車で15分。滝の近くにはキャンプ場もある。ヘクラから国道を東へ向かうと切り立った崖に一本の糸を垂らしたような光景に出会う。スコウガフォスほどの力強さはないものの、引き込まれるような魅力を持つ滝。高さ65m。何といっても滝の裏側を歩いて通ることができるのがこの滝の素晴らしさ。 夕陽の時間を確認すればこんな景色も可能!

スコゥガフォス(Skogafoss)
スコゥガルに来るとR1沿いに見ることができる。レイキャヴィークから車で2時間。滝の前にはキャンプ場。高さ63m。絶壁の上から落ちてくるさまは圧巻である。ぜひとも滝壺近くまで近づいて力強さを感じて欲しい。滝の右側には階段が整備されており上まで行くことが可能。足元が悪いこともある(往復30分以上) この滝にヴァイキング伝説があり、昔宝のぎっしり詰まった箱がこの滝の裏側に隠され、晴れた日に太陽の光が滝に差し込むと、その宝が光り輝くとか・・・。その後2人の勇敢な若者が滝の裏側に入り、指輪を見つけたという話も。

 

 

 

 

 

スコゥガル(Skogar)
スコゥガルは移住初期からの歴史を持つ地域。氷河を背景に牧草地帯が広がっています。小さな集落ですが、博物館、スコゥガフォスがあり、周辺にはセリヤランドスフォス(Seljalandsfoss)、エイヤフャトラ氷河(Eyjafjallajokull)などの自然と歴史にあふれています。また数多くの滝を見ながら楽しめるフィムォルズスハゥルス(Fimmvordshals)のトレッキングコースもある。

ディルホゥラエイ(Dyrholaey)
レイキャヴィークから約180km。R1を走っていると、R218のサインが出てくれば海岸に向けて走る。ふもとからは灯台まで少し急斜面となっている。高さ約120mの切り立った崖とその足元に空いた大きな穴が目印。その姿は国道からもはっきりと目にすることができる。崖の際まで行くと、足元で打ち付ける波を感じることができる。夏にはパフィンナなどの海鳥が繁殖のためにやってくる。

(注意) 5〜8月にかけて海鳥の繁殖のため立ち入りが禁止されます。
 

レイニスフャラ(Reynisfjara)
レイキャヴィークから約180km。ヴィークの手前でR215に入りを海岸へ向かう。駐車場がある。ヴィークの山を隔てた反対側の海岸線。R215沿いは農家の牧草地が広がり。羊が山の斜面で自由に草を食んでいるの目にすることができる。そこには火山活動でできた立派な柱状節理が雄々しくそびえ立っている。海岸は細かな黒石で覆われ、堆積した土砂などとなだらかな海岸線を形成している。

(注意)海岸は波が荒く、呑みこまれてると一大事になります。潮の満ち引きや波には十分注意してください。

ヴィーク(Vik)
レイキャヴィークから約180km。R1を南下して2時間半ほど。アイスランド最南端の街。羊毛の産地として知られている。海と山に挟まれた、わずかな場所にあるひっそりとした集落。夏には無数のキョクアジサシが繁殖に来て飛び交っている様子を見ることができる。

フィムヴォルズスハゥルス(Fimmvordshals)
スコゥガフォスとソゥルスモルクをつなぐトレッキングルート。スコゥガルから始めれば左側に無数の滝を目にしながら進むことになる。詳細はソルスモルクで。

エイヤフャトラ氷河(Eyjafjallajokull)
2010年3月に火山噴火が起きエイヤヒャトラ氷河(Eyjafjalla Glacier)横を真赤な溶岩が流れ落ちていくという稀に見る姿を見せてくれた。最初の噴火は3週間ほどで鎮火したが、4月の噴火では噴煙が高く上がり、火山灰が拡散し、北大西洋を行く航空機への障害となり数日間に渡り飛行禁止となった。

ソルヴァルドスエイリ(Thorvardseyri)
付近で一番大きな農家で後ろに氷河が美しく輝く。

ツアー Tour

レイキャヴィークから南海岸を観光するバス、ジープなどによるデイツアーが多数用意されている。
日本語での予約はwww.icelandream.comで。
ディラホゥラエイを近くで見ることのできる現地ツアーもある。
南海岸でのお勧めはスコゥガルから20分の場所にあるソゥルヘイマル氷河での氷河トレッキング。3時間ほどで氷河トレッキングに必要な基礎技術を手短に体験できる。
トレッキングツアーも楽しめる。
クウェラゲルジの後方には温泉が湧いていてトレッキングツアーがある。乗馬も可。

ショッピング Shopping

見どころの一つとして上がられるのがVikprjon(ヴィークプリョン)店の横にある工場で加工されたヴィークウールを手ごろな価格で購入できる。もちろん、手編みもあるので時間をとってみてほしい。
小物を買うと毛糸の袋をつけてくれるのがありがたい。

お食事 Dining out

博物館 Museum

宿泊 Stay

その他 Other

Apr/2013


ホーム RSS購読 サイトマップ
基本情報 地域別 博物館 お食事 ショッピング Q_A じょうほう館 English 火山情報