ヴァトナ氷河

ヴァトナ氷河 Vatnajokull

ヴァトナ氷河と周辺(Vatnajokull)ヴァトンとはアイスランド語で水、湖を意味する。それを体現するかのように欧州最大の体積を誇る氷河である。大きさは約8,100平方q。驚くばかりの大きさである。ヨゥクルスアゥルロゥン(Jokulsarlon)は氷河湖であり、ボートツアーも用意されている。観光の起点はフプン(Hofn)となる。


より大きな地図で 東アイスランド を表示

見どころ Spots to see

フプン(Hofn)
東アイスランドやヴァトナ氷河(Vatnajokull)観光の起点となる街。空港もありレイキャヴィークと空路で結ばれている。バスもある。ロブスターの街としていも知られている。

ヴァトナ氷河(Vatnajokull)
面積8,100平方km。アイスランド最大にして欧州一の大きさを誇る。平均400m、最大1,000mの厚さがある。ヴァトナ氷河と一帯はヴァトナ氷河国立公園として2008年に再制定され国土の13%を占める。氷河とは長年にわたって降り積もった雪が押し固められた氷である。それが、重力と圧力によって押し出されることにより氷河となっている。(速度の違いはあれ、移動しなければ氷河ではない) 氷河上までいくと、見渡す限り白または青白い景色が広がっている。(天候によります) アイスランドの氷河を注意深く観察すると、黒いものが眼に入ってきます。これは火山灰や周囲の砂埃などが氷河内部や表面に付着しているためです。ヴァトナ氷河ではスノーモービルやスーパージープによるツアーも行われている。ぜひとも時間を取って参加したいものヴァトナ氷河西部にはグリィムスヴォトンという湖が氷河の下に存在している。1996年に大噴火をおこし周囲の氷河を融解し、R1の橋を崩壊させている。(記録映像をヴォルカノショーで見ることができる) 巨大な岩や氷の塊を何ともせず押し流していく映像には自然の強さについて考えさせられる。

ヨゥクルスアゥルロゥン(Jokulsarlon)
フプンからR1を西へ約80km。ヨゥクルスアゥルロゥン(Jokulsarlon)ヴァトナ氷河のふもとに広がる氷河湖。最深部は260m。それほど大きな湖ではないが、氷河が溶けだし、湖に浮かび氷山となっている。氷の溶け方にもよるが美しいグレイシャーブルーを見せてくれる。 1920年ごろから氷河の後退によって形成される。1975年には8平方kmであったが、1988年には15平方kmと拡張している。これは単に地球の温暖化というよりも、汽水湖であることから、溶ける速度が速いことも考えられる。氷河湖に崩れ落ちた氷山は数年をかけて湖を通過し、北大西洋に旅立つ。ゆったりと漂う氷山は美しく、優雅である。

スカフタフェル公園(Skaftafell)
レイキャヴィークからR1を東へ約330km、フプン(Hofn)からR1を西へ約130km。R1から少し入ったところにあるがすぐにわかる。アイスランドR1も通っており、バスによっても結ばれている。スカフタフェルなどで乗下車できる。夏は毎日運行、冬は火、金、日曜日運行。 1967年に2番目の国立公園として制定される。約4,800平方kmの範囲が含まれている。一帯はヴァトナ氷河国立公園として2008年に再制定されている。ビジターセンター、キャンプ場などが整備されている。スヴァルティフォスは散策コース内にあるアイスランドでも有名な滝の1つ。 アイスランドでも屈指の美しさを誇るスカフタェル。以前はスカフタフェル国立公園として親しまれていたが、ヴァトナ氷河から北アイスランド一部を含むヨーロッパ一のヴァトナ氷河国立公園として再指定されている。大きさは13,600平方qと国土の13%と広大である。氷河観光をするのであればぜひとも時間を取ってスカフタフェルは立ち寄ってほしい。氷河洪水にによって形成された海岸線をみることができる。トレッキングコースが整備されており、氷河や滝を楽しむことができる。ヴァトナ氷河の南東部に位置。

スヴァルトィフォス(Svartifoss)
スヴァルトィフォス自体の高さは20mないが、玄武岩の柱状節理に囲まれた流れ落ちる様子は荘厳である。冬は白と黒のコントラストがその美しさを一層際立たせる。この滝をもとに、国立劇場やハトルグリィムス教会などが設計されている。キャンプ場から往復2時間。

クワンナダルフヌゥクル(Hvannadalshnukur)
標高2119mアイスランド最高峰。ヴァトナ氷河の南東部に位置する。標高は2119mと高いわけではないが山のほとんどが氷河により覆われており、場所によっては300mを超える厚さになっているという。登頂ルートも開かれていて、健康であれば難なく登れる。往復12〜14時間(氷河トレッキングの経験があると難しくない) スカフタフェル公園からの登頂ツアーも準備されているので時間があれば挑戦してもらいたものである。

 

 

 

 

登頂記
スカフタフェルを朝5時ごろ出発し登頂開始。最初の1〜2時間は普通のトレッキング、後なだらかな氷河上を10kmほど歩く。氷河上はトレイル以外目印がないのでGPSを使って方向を見極める。氷河に差し掛かるとザイルで結ぶ。途中クレバスがあるので要注意!ザイルで結ばれるとパーティーのペースに合わせることが大事。頂上の手前で斜面が急になるのでアイゼン着用。ここまでくればもう一息。登頂時の天候は霧…。7時間かけて登頂。時間は13時半。晴らしは良くなかったがこの日は全部で100名ほどが登頂。頂上のまで1時間ほどの場所で休憩できる。当日は下山後に天気が上がり、最高の見晴らしとなった。標高はさほど高くないが氷河トレッキングになるので防水ウェアは必要である。もちろん登山靴も。サングラス、日焼け止めも要。トレッキング中の軽食などを携帯する必要がある。十分な水分を取ることを忘れないこと。アイゼン、ピッケル、ハーネスなどの装備が必要。ツアーに参加すれば準備してもらえる。

スケイザルアゥルサンドゥル(Skedararsandur)
レイキャヴィークからR1を東へ約300q、フプンからR1を西へ約150km。R1を移動していると、突如、何もない河口、または平原を目にすることになる。1600平方kmのと途方なく大きい。スケイザルアゥルは氷河を水源とする河で常に大量の土砂を運んでくる。それが堆積してできたものである。1996年のグリィムスヴァトンの噴火、洪水の際にはここに架けられていた橋が流出し、R1の通行が分断されることになった。R1も1974年にこの部分の開通をもって完成している。

グリィムスヴォトン(Grimsvotn)
ヴァトナ氷河西部に位置する火山。アイスランドでもっとも活発に活動する火山として知られている。普段は氷河の下にあるのでその姿を見ることはできないが、噴火の際に氷河が融解し、洪水を起こすことがある。過去にも1998、2004年に噴火している。2011年5/19夕方にも噴火し、噴煙が高さ20kmまで上がり、火山灰、火山性降下物のためにアイスランドを始め航空機の運航に影響を及ぼした。

ツアー Tour

氷河トレッキングや登山ツアーがお勧め。
氷河トレッキングを組み込んだツアーやアイスランド最高峰に登るツアーがお勧め。普段は近寄れない氷河を満喫できる。
レイキャヴィークから飛行機やバスを利用した日帰りツアーが出ている。www.icelandream.comで予約できる。
スカフタフェル、フプンからもヴァトナ氷河へのツアーが出ている。

ショッピング Shopping

お食事 Dining out

博物館 Museum

宿泊 Stay

その他 Other

Apr/2013


ホーム RSS購読 サイトマップ
基本情報 地域別 博物館 お食事 ショッピング Q_A じょうほう館 English 火山情報