デティフォス周辺

デティフォス周辺 Dettifoss and around

デティフォス(Dettifoss)からフゥサヴィーク(Husavik)はチョルネス(Tjornes)という半島になっている。アクレイリからホエールウォッチングで有名なフゥサヴィークまでは車で1時間。街は北大西洋に面していて夏でも風を冷たく感じる。先はアゥスビルギ(Asbyrgi)、フリョゥザクレットル(Hljodaklettar)などの奇岩を見ることができる。また、海岸線は化石が見つかることでも知られている。道によっては一般車の通行不可!一般車は西側のR862一部通行禁止



より大きな地図で 北アイスランド を表示

見どころ Spots to see

フゥサヴィーク(Husavik)
アクレイリからR1、R85を東へ90km。ゴゥザフォスの手前でR85へ。ホエールウォッチングの基地として知られている小さな街。観測率が98%と言われるほど率が高い。街の背後にある山からはフィヨルドを一望できる。徒歩で登ることも可能だが、かなり傾斜がきつい。

アゥスビルギ(Asbyrgi)
フゥサヴィークからR85を東へ45分ほど。R861を入る。道を進んでいくと自分が大きな馬蹄形台地の中に入っていくのがわかる。ヴァイキング伝説によるとOdinnの馬の足跡だという・・・。 一番奥には池があり一帯を見渡せる 付近は木が生い茂っている。
下から見上げる絶壁は絶景。

フリョゥザクレッタル(Hljodaklettar)
R85からR862へ。1時間半ほど。悪路、レンタカーでの走行は禁止。クヴィータアゥの西岸を走ることになる。アイスランド内でも屈指の美しさを誇る奇岩地帯。"音の岩"と呼ばれている。駐車場から幾つかの散策コースがある。

デティフォス(Dethifoss)
R862西岸、R864は東岸から滝に行くことができる。西から見るのであればミィヴァトン側のR1がいい。R862がデティフォスまで整備されR1から20分で行くことができる。 それ以外は主要道路から1時間半ほど。駐車場から徒歩10分ほどで滝に行くことができる。欧州一の水量を誇る滝。高さ55m。滝周辺には特別な柵も設置されていないので要注意。近づくと吸い込まれそうである。川沿にトレッキングコースも整備されている。

左の動画は東岸

デティフォス東岸

フルインハプナルタンギ(Hraunhafnartangi)
R85を北へ。Asbyrgiから約70km。アイスランド本島最北端。道からは2kmほど歩くことになる。北極圏からわずか数百メートル南。石を投げれば北極圏に届きそう。6月末には白夜となる。(Tomas撮影) 車をとめ砂利道を歩いて最北端へ 何もないアイスランド最北端。
夏場は沈まぬ太陽が見れる

ツアー Tour

アクレイリからのバスを利用したツアーが出ている。1日かけてミィヴァトンと周辺を組み合わせたツアーとなっている。ツアーによってはデティフォス、アゥスビルギ、フゥサヴィークへと行くものもある。アスキャ(Askja)へのツアーも可能。(WEB)
バスは一般車では通行できない場所へ行くのでツアーを使った観光が便利。

ショッピング Shopping

お食事 Dining out

博物館 Museum

宿泊 Stay

その他 Other

May/2012


ホーム RSS購読 サイトマップ
基本情報 地域別 博物館 お食事 ショッピング Q_A じょうほう館 English 火山情報