アイスランド地域

国土 Land


北大西洋、北緯65度に位置するアイスランド。
お隣が世界最大の島グリーンランド(210万平方km)ということで、世界地図(特にメルカトル図法)見るとアイスランドはとっても小さな国しか見えません。といっても、アイスランドの面積は10万3千平方km(日本の約3分の1)もある。
アイスランドは火山、大陸プレートの境界(北大西洋海嶺)上に位置しており、地質学的に大変新しい国です。それに比べてグリーンランドは大変古いのです。何かとグリーンランドと比較されますがそれもまた地球の面白さです。
旅行者向けにアイスランドを大まかに地域区分すると
1.レイキャヴィークと近郊 Reykjavik and Around
2.レイキャネス Reykjanes
3.西アイスランド(スナイフェルスネス) West Iceland and Snaefellsnes
4.ウェストフィヨルズル West fjordur
5.北アイスランド North Iceland
6.東アイスランド East Iceland
7.南アイスランド South Iceland
8.内陸部 High land
になります。(じょうほう館ではこの地域別にアイスランド情報をとりあげます)
行政区分などは別になりますが、アイスランド観光であればこの地域で目的地探せば道を失うことはないでしょう。

間違った方向に進んでも周遊道路であればいずれは目的地に到着します。

 

氷河 Glacier
国土の約10%が氷河に覆われています。最近の温暖化による縮小も見られますが、まだまだ健在です。最大はヴァトナ氷河(Vatnajokull)で8,100平方Km(単純に100x84km)あります。
氷河は下ってくるにつれて細かく分かれ(川とは正反対)、それぞれ名づけられます。東アイスランドのヨークルスアゥルロゥン(Jokulsarlon)では湖面に浮かぶ氷山も見ることができます。
アイスランドの氷河の表面は薄汚れて見えますがこれは火山灰や内陸部の砂埃などが吹き飛ばされ、氷河内部に閉じ込められたものです。
氷河の下に存在している火山もあり、噴火によって大規模な土石流(Jokulhraup)を幾度となく引き起こしている。

 

氷河と万年雪の違い
それは読んで字のごとく、氷河は河のように移動する必要があります。氷河はその厚さと高さの圧力によって移動しています。万年雪はそうではありません。
今から1千年以上前に降り積もった雪が氷河となり、いま私たちの目の前に現れ来ているのです。ヨークルスアゥルロゥンなどでは圧縮された氷河の一部を手に取ってみることができます。

国土の約10%が氷河に覆われています。最近の温暖化による縮小も見られますが、まだまだ健在です。最大はヴァトナ氷河(Vatnajokull)で8,100平方Km(単純に100x84km)あります。氷河は下ってくるにつれて細かく分かれ(川とは正反対)、それぞれ名づけられます。東アイスランドのヨークルスアゥルロゥン(Jokulsarlon)では湖面に浮かぶ氷山も見ることができます。

 

 

気候 Climate

気候区分では寒帯に属する。アイスランドという名前と北緯64〜66度という高緯度に位置しているために大変寒い国だという印象があります。もちろん北大西洋の風は冷たく、天候が荒れることもしばしばです。雨が降っても風が強くて傘をさして歩くことは難しい。(傘の骨が折れることがある)

 

気温
北大西洋海流(暖流)と地熱のおかげでそれほど寒くはありません。1〜2月の平均気温も氷点下2度ほどまでしか下がりません。(もちろん、平均なので冷え込む日もあります)気温自体は低くなくとも、常に風が吹いているので実際の気温い所に肌寒く感じることもある。山間部では平地よりも冷え込む。ホエールウォッチングなど海上であれば防寒着は常時必要である。
夏の最高気温も25〜6℃ぐらいでそれより上がることはほとんどない。さらっとした涼しい夏である。
日本からだと、ロンドンでも蒸し暑くないというが、アイスランドからだとロンドンですでに蒸し暑さを感じる。
レイキャヴィーク・アクレイリの最低最高気温表(青地は氷点下)
レイキャヴィーク

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
平均 0.2 0.2 0.8 3.9 8.6 10.6 12.5 11.5 9.4 2.8 2.8 1.1
最高 9.5 8.6 7.4 12.2 13.8 17.5 25.7 23.6 16.9 11.2 10.4 9.2
最低 7.9 14.4 6.0 6.7 0.7 3.5 6.4 5.6 1.0 7.2 6.7 6.8

アクレイリ

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
平均 1.5 0.4 1.4 1.4 8.0 9.1 12.4 11.5 9.8 1.2 1.1 0.3
最高 9.5 11.2 8.6 11.6 19.4 18.5 24.8 21.0 19.5 10.6 12.5 11.0
最低 11.0 13.1 12.8 6.6 1.0 3.2 4.4 3.7 1.2 8.6 6.7 10.8

 

日出と日没
夏はほぼ白夜に近い状態になります(極圏に入らない限り、完全な白夜になりません) 夜中になっても薄暗くなるだけで真っ暗になることはありません。
初めての時はかなりの違和感を感じることがあります。冬はその逆で12月ではレイキャヴィークでも11時ごろまで日が出ません。
レイキャヴィーク・アクレイリ・イーサフィヨルズルの各一日の日出と日入(太字は翌日)
レイキャヴィーク

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
日出 11:19 10:09 08:36 06:47 05:01 03:23 03:04 04:33 06:08 07:35 09:09 10:44
日入 15:44 17:15 18:45 20:18 21:51 23:30 23:57 23:33 20:45 18:58 17:12 15:49

 

アクレイリ

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
日出 11:32 10:06 08:25 06:28 04:34 02:35 01:55 04:00 05:47 07:21 09:04 10:52
日入 15:00 16:46 18:26 20:06 21:48 23:49 00:33 22:35 20:36 18:42 16:47 15:10

 

イーサフィヨルズル

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
日出 12:02 10:30 08:47 06:48 04:50 02:43 --:-- 04:15 06:06 07:42 09:26 11:19
日入 15:11 17:03 18:46 20:27 22:12 00:22 --:-- 23:00 20:57 19:01 17:05 15:23

自然 Nature

地質
アイスランド大部分を占めるのが玄武岩。アイスランドの各地で目にすることができる。
アイスランドは大西洋中央海嶺の上に位置していて、大陸プレートが形成される場所に位置し、大陸プレートの境界を所々に見ることができる。シンクヴェトリルやレイキャネスで顕著にみることができるが一つの裂け目(Gja/ギャゥ)の東西で大陸プレートが完全に分かれているわけではない。年間数cmの速度で拡大していると言われているが、あくまでも平均なので絶対ではない。
その理由として、毎年確実に広がっていくのであれば周囲の建物は傾くことになり、道路も陥没したりすることになる。しかし、そういったことはまれ。
また火山活動も活発で島の北部を上に見立てると火山帯が逆Y字の形で島を縦断している。アイスランドにはヘクラ、ラキ、スナイフェルスなどの有名な火山がある。火山活動の際に流れ出てきた溶岩がゆっくりと冷却された際に形成された節理と呼ばれる地形が至る所にある。柱状、板状、放射状節理がある。これは地表に出てきたマグマがゆっくりと冷却され、収縮する際に含んでいる化学組成によって四角や六角の柱を形成したりする。

 

火山
ヘクラ、ラキなど世界的に有名な火山が幾つもあり、また周辺には火山噴火によって形成された溶岩台地が広がっている。地質図を購入すると大まかな年代などが記されている。しばらく活動していない火山もあるが、アイスランドが火山帯の上に位置していることを忘れてはいけない。何らかな危険兆候が報告されると自治体、警察を通し規制されることもあるのでその際には指示に従うこと。興味本位での行動は迷惑以外の何物でもない。火山噴火に伴う土石流の危険なども考えられる。

 


アイスランドの河は2種類に分けることができるかもしれない。
1つは湧水で透き通ったもの、もう1つは氷河を水源とする濁った水。

 

森林
他の国と比較するならば森らしい森と言うものは存在しないと言える。
あえて言うならばソゥスモルク、ハットルオルムススタジール、ミィヴァトン周辺に森らしいものがが存在している。しかし、厳しい気候などにより生い茂った森と言う感じはしない。どちらかと言えば灌木のようなものが生えているといった具合だろうか。アイスランドの森で迷ったならば背伸びをすればいい。と言われるほどである。
そのようなわけで政府も植林運動などを推進している。

 

動物
イタチやテンなどの小型動物を時折見かける。ウシ、ウマを除けば野生に大型獣はほとんどいない。アイスランド東部へ行くとレインディアー(トナカイの一種)が棲息している。これもノルウェーから持ち込まれたと言われている。また流氷などと共にホッキョクグマ(白クマ)が漂着することもある。
鳥は豊富でキョクアジサシやパフィンなどの渡り鳥だけなく、ワシ、ハクチョウ、ライチョウ、フクロウなどが生息している。

オーロラ Aurora

北国の冬は長く、暗いもの。最短日照時間は4時間くらい。そんな世界にあって暗闇の中に輝きでるオーロラは多くの旅行者の心を魅了してはなしません。観測できる時期は8月中旬から4下旬まで。太陽の活動に合わせてオーロラも毎日現れている。もちろんそれがいつ、どこで現れるかは想定不可能である。昼間であれば太陽の光により見えず、天候にも左右される。よく見えるのは緑色ですが、赤みがかったものも観測できます。

アイスランド人にオーロラを見たかどうかを聞いてもそっけない返事が返ってくることがあるが、あまりがっかりしないでほしい。たとえば、「この前いつ朝日、夕焼けを見たか」と尋ねられても、「覚えていない…」や「あまり気にしていない」と答えるのと似ているかもしれない。旅行業か特に関心がない限りアイスランド人も余り気にしないのである。それに夜遅くまで起きていると翌日の活動にも差し支えるので旅行者とは感覚がちがうのである。聞くならツアー会社が妥当だろう。オーロラの仕組みについては全てが科学的に解明されているわけではない。
今までの研究によると、太陽からプラズマを帯びた太陽風が地球の磁場と反応して生じる発光現象であるといわれている。地上数百km上空で起こっているものである。赤や緑は酸素原子、ピンク色は窒素分子、紫は窒素分子イオンに反応しているといわれている。アイスランドでよくみられるのは緑色で、時折大きなものが現れる。一度、紫色の巨大なオーロラを目にしたことがあるが、その時に限ってカメラを持ち合わせていなかったことを悔やんだものである。

 

オーロラを見たいのであれば、その確率を上げることは可能である。
まずはアイスランドに来るときの月齢が0に近い日(暗くなるので条件が良い)を選ぶ。アイスランドに来る飛行機を夜間到着便にし、窓際に席を取る。
飛行機からであればオーロラがまるで自分の横で踊っているかのように見える。
アイスランドでのオーロラ観測は気温がそれほど下がらないとはいっても外気温は0度前後は洋装しておくべき。普段着にコートを着て、帽子、手袋といった感じでの観測も可能。ブルーラグーン入浴中に見えることもある。もちろん、いつ現れるかは誰にもわかりません。だから見つけた時はうれしいのです。
写真雑誌やガイドブックでは難しいことを書いているが、オーロラの撮影はそれほど難しいいものではない。特にデジタルカメラであれば写真の確認がすぐにできるので撮り直しがきく。
注意点は、
1.三脚を使用する
2.絞りを開放する
3.シャッター速度は遅くする

歴史 History

西暦870年ごろから北欧のヴァイキングが移住し、アイスランドの本格的な歴史が始まる。
西暦930年には世界で初めてとなる民主議会アルシング(Althing)が発足。
西暦1000年に国としてクリスチャンに改宗。
その後、時代の変遷を経て1944年6月17日にデンマークから独立。
独立後は北大西洋条約機構の原加盟国にもなっている。
詳しくは

文化 Culture

北欧の一国として他のスカンジナビア国に似た文化を持っている。
スポーツではサッカー、ハンドボールなどが盛んである。ハンドボールは世界でも有数の強豪国で北京五輪で銀メダル、欧州選手権でも上位に食い込んでいる。
音楽も関心が高いのか毎年行われるユーロビジョンコンテストは大きな話題となる。
映画館も比較的多く米国の映画を中心に上映されている。日本よりも早く上映されている場合もあるので時間があれば行くのもいいだろう。日本との違いは1時間ぐらいすると休憩が入るということ。
夏には各地でフェスティバルが開かれ、盛り上がりを見せる。
詳しくは

産業 Industry

何といっても基本は漁業です。しかし、時代の移り変わりとともに産業形態も推移しつつあります。
2008年までは金融立国を目指していたところもあったが、クローナの暴落により頓挫。現在ではその原因となったIcesaveなる貯蓄口座を開いていた銀行を含め金融機関は厳しいようである。
立地条件、資源か重化学工業は発達していないが、安い電力を利用したアルミニウム製錬が最近では貿易輸出額に占める割合も大きくなり、貿易額では漁業を上回ったともいわれている。
漁業は200カイリ内に豊富な漁場を持つことから今なお主要産業である。とはいえ、地球温暖化による影響なのか漁場の移動などもありこれから厳しくなりそうである。またEU加盟を目標としているが、その際に避けられないのが漁業権であることは間違いない。
また、遺伝子工学やジェネッリック医薬品といった分野でも活躍が見られる。
北大西洋に位置することから、欧米の旅行客を問中心に観光業も成長産業である。アイスランド人が語学に堪能であることに加えクローナ安による割安感も出ているようである。
詳しくは

May/2012

アイスランド地域記事一覧

レイキャヴィーク

アイスランドの首都レイキャヴィークとその周りも見どころたくさん。レイキャヴィークと近郊を結ぶバスもあるのでビジターカードなどを使えば効果的に楽しめる。日本語ではレイキャビク、レイキャビックなどと表示されつこともある。レイキャヴィーク市観光局

≫続きを読む

 

レイキャネス

アイスランドの南西部に位置するレイキャネス(Reykjanes)にはアイスランドの空の玄関ケプラヴィーク国際空港(Keflavik international airport)がある。レイキャヴィークとは道路で結ばれておりわずか50分。世界的に有名な露店入浴施設ブルーラグーン(Blue Lagoon...

≫続きを読む

 

西アイスランド

アイスランドの政治家、著作家であるスノリ・ストゥルソン(Snorri Sturulsson)の活躍したレイクホルト(Reykholt)のあるボルガルフィヨルズル(Borgarfjoudur)。レイキャヴィークからでもはっきりと分かるスナイフェルスネス(Snaefellsnes)など見どころたくさん。...

≫続きを読む

 

ウェストフィヨルズル

アイスランド北西部に広がるフィヨルド地帯。複雑に入り組んだ海岸線が氷河期の痕跡。それぞれのフィヨルドに素晴らしい自然と景色が待ち受けている。移動に時間がかかるが時にはゆっくりと旅をするのもいいだろう。イーサフィヨルズルやラゥトラビャルグは捨てがたい。南にはブレイザフィヨルズル(Breidafjord...

≫続きを読む

 

北アイスランド

アクレイリのあるエイヤフィヨルズル(Eyjafjordur)を中心とした地域。アゥスビルキ(Asbyrgi)、ゴーザフォス(Godafoss)、ミィヴァトン(Myvatn)、デティフォス(Dettifoss)、クラプラ(Krafla)などの不思議な地形が待っている。フゥサヴィーク(Husavik)で...

≫続きを読む

 

東アイスランド

アイスランドの東玄関口。地域の人口自体は大きくないが見どころにあふれている。最近は大きな水力ダム建設(Karahnjukar)、アルミニウム精錬工場により以前とは異なる発展を見せつつあります。セイジスフィヨルズル(Seydisfjordur)には国際フェリー航路も就航している。到着後、一気にアイスラ...

≫続きを読む

 

南アイスランド

首都レイキャヴィークから車で1時間も走れば南アイスランド。そこには入植当初からの長い歴史が刻み込まれています。ゴールデンサークルで知られるゲイシル(Geysir)、グトルフォス(Gullfoss)。ミィルダルス(Myrdals)氷河、ヘクラ火山(Hekla)にスコゥガフォス(Skogafoss)など...

≫続きを読む

 

内陸部

アイスランド内陸部は夏の限られた時期のみ近づくことのできる場所。地球とは思えないような広漠とした荒野や氷河が広がっている。天候は夏でも急変し冷え込むことがある。服装、食料をはじめしっかり準備していく必要がある。自分で車を運転する場合は2台以上で行くことがいい。 道路以外の場所を運転することは厳禁!夏...

≫続きを読む

 

グリーンランド

アイスランドじょうほう館はアイスランド旅行に必要な情報提供を目的としているが、グリーンランドについても少しだけ触れることにする。グリーンランドは面積217万5,600平方qの世界最大の島。島の80%以上が厚い氷床に覆われている。人口は60,000人にも満たない。行政区分としてはデンマークの自治領とな...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
基本情報 地域別 博物館 お食事 ショッピング Q_A じょうほう館 English 火山情報